オナニーは早漏の原因?それとも対策法?

早漏は、性交前、性的浸透後、または相手が完全に満足する前に、男性があまりにも速く射精する状態です。それは男性にとって恥ずかしい問題であり、男性が話すことはしばしば不快であり、彼はそれに問題があると認めているだけではありません。しかし、この性機能不全の潜在的な原因のいくつかは何ですか?オナニーがPEの原因につながるかどうかの議論があります。

 

早漏とオナニーの関係をめぐる議論

いくつかの専門家は、それが確実に問題につながると言いますが、他の人は、早漏の予防にも役立つとは言いません。

 

オナニーが早漏を引き起こすという主張

早すぎる射精を引き起こすと主張する人は、典型的な人がオルガスムを達成するために急いでいると言います。男性はマスターベーションするときに1つのトラックの心を持っているので、彼らはクライマックスにのみ関心があり、本当に自分の喜びを長くすることに本当に気をつけません。結果として、時間の経過とともに起こることは、男性が性的刺激にあまりにも敏感になり、したいことなしに早発射精する習慣に陥ることです。

 

オナニーで早漏の改善が出来るとする主張

一方、オナニーが実際に助けることができると言う人がいます。彼らの論理は、マスターベーションすると、男性が自分の性的反応をよりよく知って、より長い時間にわたってオルガスムを遅らせるために彼の衝動を支配できるという考えから生まれます。
また、巷に出回っている早漏改善のための方法の中には、ペニスを刺激に対して強くするためのトレーニングをオナニーの時に行うというものがあります。

 

オナニーのやり方次第で早漏の原因にも改善方法にもなりうる?

両側には真実があるかもしれませんが、個人に依存して自分の身体を知っているので、可能な限りPEをコントロールするのに役立ちます。男性がPEに向かう傾向を克服するためには、愛と理解のパートナーとの間の性的な試行錯誤が必要な場合があります。通常、マスターベーションは他の人とのセックスとはかなり異なるため、カップルはそれぞれに異なるコントロール方法を試さなければなりませんその他。その後、時間がたつにつれて、彼らは自慰行為をしている男性がこの性機能障害を引き起こしているか、それを防ぐのを助けるかどうかを知ることができます。